2018年4月19日木曜日

山笑う春

 春の季語に「山笑う」というものがありますが、きょうの安土の山は、まさに「笑って」いるようです。
新緑の美しい季節、いろいろな樹が思い思いの緑色に葉っぱを輝かせて、それぞれが自己主張しながらも全体として美しい調和を見せています。
初夏の陽射しの下、いのちが燃え立つような山を背景に、博物館の周りの樹々や芝生も美しいです。
これから週末にかけて好天が続く予報です。美しい山並みを眺めながら、安土城考古博物館へお越しください。


2018年4月12日木曜日

麦、すくすく!

 当博物館の前の田んぼでは、麦がすくすくと育っています。
 青々とした麦畑の向こうに見える博物館です。
 もう少しすれば、ヒバリの営巣も始まって、揚げ雲雀のけたたましい鳴き声も聞こえてくるでしょう。
 のどかな田園の中を通って、安土城考古博物館へどうぞお越しください。

2018年4月7日土曜日

知事が来館されました

 先日、滋賀県の三日月知事が当博物館に来てくださいました。
 お忙しい公務の間を縫ってお越しいただき、開催中の企画展「収蔵品で語る城郭と考古」をご覧いただきました。

 展示品にじっくり目をやりながら、時折、質問を投げかけられる姿に、知事も歴史好きなのかなあと思いました。



 企画展は、いよいよ明日(4月8日)までとなりました。
 安土の桜も、ほぼ散り果てましたが、次には美しい新緑が楽しめます。
 安土山や繖山(観音寺城跡)の木々が、色とりどりの緑に照り輝く様子は、とても美しく、まさに「山笑う」とう表現がピッタリです。
 周辺の田んぼも土が柔らかく香り、雑草もたくましく葉を拡げます。
 これからやって来る絶好のお出かけ日和に、山と田んぼに囲まれた「スローな博物館」まで歩いて、スローライフを楽しみませんか?

2018年4月1日日曜日

桜の花の満開の下

 穏やかな春の陽射しの下、満開を誇る安土城考古博物館の桜に誘われて、たくさんの人が展示を観覧したり、芝生広場で家族団らんを楽しんだり、春を満喫しておられます。
 桜の花びらはまだ全く散っていませんし、木曜日ぐらいまでは雨も降らないようなので、まだまだ博物館の桜は楽しめそうです。
 お一人で、またご家族やお友達と連れ立って、安土へお越しください。

 あすは、博物館は休館日ですが、安土城跡は入山できますし、博物館の桜もお待ちしていますよ。
 もちろん、火曜日からは開館して、企画展「収蔵品で語る城郭と考古」の会期末(4月8日)まで全力で皆様をお迎えしますので、展示も観に来てくださいね。