2018年5月11日金曜日

ナンジャモンジャ

初夏らしい話題を2件。
JR安土駅から徒歩約10分の沙沙貴神社(近江源氏佐々木氏の氏神)では、珍しい「ナンジャモンジャ」の花が満開を迎えています。
真っ白い、小さな花がいっぱいに咲き誇っています。
遠くから見ると、雪か綿が降り積もったように見え、不思議な様子から「これは何じゃ?」と言ったのが語源であるとか、ないとか。

近づいて見ると、小さな花が見分けられます。
もうしばらく花は楽しめるということなので、是非一度見に来られると良いですよ。

一方、博物館の周りの麦畑では、麦がスクスク育っています。
麦の穂先の向こうに見える博物館を撮りました。
頭上では、ヒバリが忙しくさえずっていました。麦畑の中に巣をしているのでしょうか、時折、チチチチッと威嚇するような鳴き方をします。
「世はなべて事もなし」といった、うららかな田園風景でした。

2018年5月1日火曜日

親子写生大会

 風薫る5月が始まりました。
 ゴールデンウィークの後半は、当博物館周辺での写生にチャレンジしてみてはどうですか?
 5月3日(木)~5月6日(日)の4日間、10:00~16:00に受け付けます。
 参加無料で、画用紙と画板は当館が用意します。博物館へお越しになって、事務室で申し込んでください。
 優秀作品には、お楽しみの副賞を差し上げるほか、当館内に展示します。
 なお、子どもだけ、大人だけの参加もできます。
 
 美しい自然に囲まれて、絵筆を走らせてみてください。