2018年9月15日土曜日

秋の博物館

 秋の長雨が続きますが、これが明けて秋本番ともなれば、当博物館周辺も絶好の行楽シーズンを迎えます。
 写真のような秋空(うろこ雲)の下、安土城跡や観音寺城跡(繖山)を巡って戦国ロマンを満喫するウォーキングや、白洲正子の隠れ里「教林坊」の紅葉を愛でたり、心行くまで秋を味わい尽くす旅を楽しんでいただけます。
 もちろん、その途中に博物館に立ち寄って遺物や解説に触れていただいたら、歴史への理解もグッと深まって心も豊かになりますよ。
 博物館の敷地内でも、秋を十二分に感じていただけます。
 伝統的な日本家屋で、昔の暮らしを想像してみることもオツですよ。

2018年9月5日水曜日

秋本番へ


 激しい台風に見舞われた昨日、当博物館も被害を蒙りました。
 JRからも見える看板の一部が破損したほか、屋外展示の学校校舎や古民家の屋根などが一部壊れました。
 敷地内の樹木も、根こそぎ倒されています。
 台風の風の怖さを実感しますね。

 しかし、博物館本体の損害は軽微で、きょうも平常どおり開館しています。
 開催中の企画展「寺と城―近江の瓦―」も、9月24日(月・振)の最終日まで3週間を切って最後の追い込みにかかっています。
 「台風一過でさわやかな秋晴れ」と言うには程遠い暑さが続きますが、博物館の周りの田んぼでは稲の収穫が半分以上終わって、季節は確実に秋に向かって歩を進めているようです。
 行楽シーズンに向けて、是非当博物館へお越しください。

2018年8月1日水曜日

子ども学芸員


一昨日、当博物館で体験学習「子ども学芸員」を開催しました。
お子さん達に、博物館の学芸員の仕事を体験してもらい、博物館の仕事や歴史に興味を持っていただくため、小中学生を対象に毎年行っているものです。
今回は、古代人の道具=縄文土器について自分の手を動かしながら学んでいただきました。

ホンモノの縄文土器を見て、手に取って触って、質感や模様をじっくり観察するメニューもあります。

まず、縄文土器とはどんなものかを知ってもらった後、縄文土器の最大の特徴である「縄文(縄目)」をつけるために「縄をなう」ステップから始めます。
細いひもを撚り合わせて縄を作り、粘土に押し付けて縄文を作りますが、撚り方が難しいのと力が入りにくいため、皆さん少し苦戦しておられました。

2018年7月25日水曜日

安土駅

 当博物館の最寄り駅のJR安土駅です。
 昨年10月に橋上駅として生まれ変わった安土駅ですが、周辺を含めてまだまだ整備が続いている最中です。
 そんな中で、地元の有志の方の寄付でベンチが3基設置されました。電車待ちの人がくつろげるように設けられたということです。
 トイレの前にも設置されています。

 当博物館の第58回企画展(好評開催中!)のポスターも駅の自由通路に貼らせてもらっています。
 是非、安土駅からもお越しください。

2018年7月21日土曜日

暑い時こそ博物館へ

 
 きょうから夏休み。
 当館でも、これに合わせて第58回企画展「寺と城-近江の瓦-」が開幕しました。(~9月24日(月・振)まで)
 古代から近世までの遺跡から出土した瓦を一堂に展示して、その変遷や特徴をお示しする展覧会です。
 毎日、体が焦げそうな猛暑が続いていますが、冷房の効いた涼しい館内で、ゆったりとご鑑賞ください。
 入館されなくても、図書室やレストランは利用できますし、エントランスホールでゴーヤの「緑のカーテン」を眺めるなど、無料エリアで一息入れるのも一興ですよ!

2018年7月11日水曜日

きょうの安土城跡

 
 きょうの安土城跡は、30℃をはるかに超える暑さのためか、ひっそりと佇んでいました。
 近江八幡市が整備されたガイダンス施設「城なび館」では、トイレが無料開放されて観光の方の不便が解消されました。
 「城なび館」の前に、当博物館のチラシ等を置かせてもらっています。
 安土城跡を訪れた際には、是非お手に取っていただいて、当博物館の情報を仕入れてください。

 「城なび館」の中では、安土城天主の7分の1模型やヴァーチャルリアリティ映像などが見られます。
 また、地元・安土のお土産物なども売っています。
 安土城跡の行き帰りに知識を仕入れたり、ほっと一息入れるにも好適の施設です。
 冷房も利いてますよ。
 「城なび館」から100mほど行くと、安土城跡(摠見寺)の受付が見えてきます。
 きょうは、見学や参拝の方の姿はまばらでした。

 安土城跡前の多目的広場(無料駐車場)の県道寄りの角に、新しい誘導看板を設置しました。
 信長の館さんと共同で、従来の看板をリニューアルしたものです。
 安土城跡の後は、この看板に従って当博物館や信長の館まで足を伸ばしてください。

 


2018年7月3日火曜日

旧伊庭家住宅


滋賀県を拠点に全国で活躍した建築家、ウィリアム・M・ヴォーリズが設計した「ヴォーリズ建築」が安土にもあります。
旧伊庭家住宅がそれです。大正2年(1913年)に地元の資産家のアトリエ兼邸宅として建てられたもので、洋風の外観の中に巧みに和風が取り入れられています。
光と風をうまく採りいれて、快適に暮らせるように工夫されているのが特徴です。
JR安土駅南口から徒歩10分で、近くには沙沙貴神社が、また少し足を伸ばせば、信長時代の「安土問答」で有名な浄厳院もあります。
旧伊庭家住宅の見学のお問合せは、☎0748-46-6324まで。


安土駅に戻って、2階自由通路の北側にある展望窓から安土城跡の方向を見た写真です。
残念ながら、近くの神社の木立に遮られて安土山の全景は見えませんが、徒歩やレンタサイクルで目指す方向はつかめると思います。

当博物館に来ていただく際に、旧伊庭家住宅や安土駅周辺も併せて見られると楽しいと思います。