2016年12月2日金曜日

お正月飾りを作ろう

 来年の干支「酉」にちなんで、トリのお正月飾りをつくる催しを、12月11日(日)に行います。
 カイコの作った「まゆ玉」を使って、とても可愛い置物を作っていただきます。
 小さなお子さんでも、親御さんの助けがあれば十分作れます。
 14:15からの回に若干余裕がありますので、当博物館(☎0748-46-2424)までお問合せ・ご予約下さい。
 参加費は、300円です。

2016年12月1日木曜日

国宝級の中尊寺経

 いま第2常設展示室で、地元の浄厳院さんから寄託を受けている文書の修復を記念した特別公開を行っています。
 そのうち中尊寺経は、奥州藤原氏初代の清衡が中尊寺に奉納した「一切経」(国宝)から、いつの頃にか散逸した一巻で、元の一切経が国宝なのですから、この一巻も国宝級と言えると思います。
 文化財修復の専門家の手によって見事に蘇った中尊寺経の、Before(写真右上)とAfter(右下)を見比べてください。紺紙に金字と銀字で交互に描かれたお経の文字がなんとも有難く見えてきます。

 改めて、職人技の冴えを感じますね。

 このほか、近江源氏佐々木氏の六角高頼書状も美しく蘇った姿を展示しています。
 六角高頼は、15世紀に活躍した近江守護で、観音寺城主でした。

 この特別公開は年内いっぱい(12月27日(火)まで)第2常設展示室で行っています。
 是非、この機会にご覧ください。

2016年11月29日火曜日

ギャラリートーク

 好評開催中の秋季特別展の展示内容について、担当学芸員が詳しく解説するギャラリートークを、最終日の12月4日(日)13:30から行います。
 「なぜ近江・大津に都が営まれたのか?」という古代史の謎に迫る展覧会のテーマに関して、余すところなく解説します!
 特別展のフィナーレを飾る催しに、あなたも参加してみませんか?
 事前予約は不要で、当日13:30までに当館企画展示室前にご集合ください。参加費は無料です。(入館には特別展料金が必要です。)

本能寺ホテル

 来年の1月14日から全国で封切られる映画「本能寺ホテル」をご存知でしょうか?
 現代のOL(綾瀬はるか)が京都のホテルから何故か「本能寺の変」の前日にタイムスリップして織田信長(堤 真一)に出会い、彼の命を救おうと奔走するが、、、というお話です。
 今年の「信長協奏曲(コンチェルト)」に続いて、タイムスリップと信長という道具立てですが、趣は少し異なる感じです。
 綾瀬はるかと堤真一の強力コンビの映画だけに楽しみですね。そう言えば、この2人は「プリンセストヨトミ」でも共演してコミカルな味を出していましたが、今回の作品でも期待できそうです。
 映画を見られたら、ホンモノの信長に会いに安土に来てくださいね。

2016年11月26日土曜日

連続講座2⃣ 始まる

 連続講座2⃣の第1回目をきょう行いました。
 「信長最初の城 小牧山城」というテーマで、小牧市教育委員会の小野友記子さんに講演いただきました。
 小牧山城は、まっすぐに伸びる大手道が発掘されるなど、後の安土城につながる要素が既に見られることで注目を集めている城です。
 きょうも100名を超える方がご参加いただき、関心の高さを如実に表していました。

 連続講座2⃣は全部で7回の講座がありますが、どれか1回だけのご参加も可能ですので、ご都合に合わせてドシドシご参加ください。 

2016年11月25日金曜日

信長最初の城

あす(11月26日)13:30から、連続講座2⃣「信長と城 その関係を探る」の第1回目として「信長最初の城 小牧山城」を開催します。
講師は、小牧市教育委員会で小牧山城の調査研究に携わっておられる小野友記子さんです。
近年の調査で直線状の大手道が発掘されるなど、信長の城づくりの原点として注目度が高まっている小牧山城について、詳しくご紹介いただきます。信長が天下統一への歩みを始めた小牧山城について学んで、信長の夢と野望に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?
 予約不要で、定員は先着140名様、参加費は200円となります。受付は当館2階セミナールーム前で13:00頃から行います。

 なお、連続講座2⃣は全7回のシリーズで、ラインアップは次のとおりです。1回のみの参加も可能ですので、奮ってご参加ください。
 ② 12月17日(土)「天下布武への城 岐阜城」(講師:岐阜市教育委員会 内堀信雄氏)
 ③ 平成29年1月14日(土)「天下人の城 安土城」(講師:滋賀県教育委員会 畑中英二氏)
 ④ 1月28日(土)「信長家臣たちの城」(講師:滋賀県立大学教授 中井 均氏)
 ⑤ 2月4日(土)「三木城と播磨攻略」(講師:三木市教育委員会 金松 誠氏)
 ⑥ 2月25日(土)「信長に叛旗 摂津有岡城」(講師:伊丹市教育委員会 中畔明日香氏)
 ⑦ 3月11日(土)「京都の信長」(講師:奈良大学教授 河内将芳氏)

2016年11月23日水曜日

安土の紅葉

 秋晴れながら、朝からすごく風の強い安土です。
 紅葉シーズン真っ只中で、ここ安土でも白洲正子の「かくれ里」教林坊の紅葉が大人気ですが、安土城考古博物館の芝生広場から見る繖山(きぬがさやま)の山肌も美しく紅葉しています。
 写真の真ん中では、今年の早春に植えた桜の樹も頑張って葉っぱを紅くしています。


 きょうは、好評開催中の秋季特別展「飛鳥から近江へ−天智天皇の意図を探る−」の担当学芸員が展示内容を詳しく解説する「ギャラリートーク」を行いました。
 30名ほどのお客様が参加され、熱心に聞いておられました。
 今度の土曜日(11月26日)からは、今年度の連続講座パート2として、「信長と城 その関係を探る」と題した全7回のシリーズが始まります。
 第1弾の「信長最初の城 小牧山城」を11月26日(土)13:30から開催します。講師は、小牧市教育委員会の小野友記子さんです。
 小牧山城の調査に携わってこられた経験をもとに、詳しくご紹介くださる予定です。
 予約は不要で、定員は先着140名様です。当日13:00頃から当館2階セミナールーム前で受付を行いますので、直接そちらへお越しください。(参加費200円)
 
 なお、連続講座は1回のみの参加もできますので、ご都合の付く日にお越しください。
 連続講座2⃣の全体の情報は、当館ホームページ等をご覧ください。