2021年5月5日水曜日

春の芝

 

をさな子の仕草見せたる春の芝 (綾部仁喜 「寒木」)

 

連休後半、柔らかな日差しを浴びたお子様の写真を撮らせていただきました。

ゆっくりとやわらかな春の芝をお楽しみください。

 

後方は、宮地家住宅(国の重要文化財)です。




2021年5月2日日曜日

クローバー

 

クローバや蜂が羽音を縮め来て (深見けん二)

https://fudemaka57.exblog.jp/25603113/

 

「蜜」を求めて、蜂が飛び回っています。

当館裏手には広い芝生が広がっています。

文化財を眺めながらゆっくりとお過ごしください。

 

本日より55日まで、親子写生大会を開催します。

多くのご参加をお待ちしております。

第28回「近江風土記の丘」を描こう!親子写生大会 | 滋賀県立安土城考古博物館 (azuchi-museum.or.jp)

 

なお、「密」にはご注意ください。




2021年4月30日金曜日

畔塗(あぜぬり)

 

山国の光あつめて畔を塗る (青柳志解樹)

ハンディ版入門歳時記新版より

 

博物館の周りでも田んぼに水が入りました。

畔塗は重労働ですが、水漏れを防ぐ大切な作業でした。

ご存じの方は少なくなっていることでしょう。

 

今年の大型連休は、強い雨から始まりました。

 

コロナ禍の中、できる限り日常的に会う家族等と県内でお過ごしください。

当館では、春の特別展開催中です。



 

2021年4月27日火曜日

コロナ

 

マスク付け未来が曇る眼鏡かな (しらす 姫路市)

 

明石市文化国際創生財団オンライン俳句コンテストより

俳句コンテスト入賞作品(講評なし横) (accf.or.jp)

 

4都府県で緊急事態宣言が発令されました。

当館では、来館の皆様に検温と手指消毒のほか、感染症要望に係る連絡先の記入をお願いしております。

ご協力のほど、よろしくお願いいたします。




2021年4月23日金曜日

つつじ

 

花びらのうすしと思う白つつじ(高野 素十)

 

玄関前のつつじの蜜を求めて、虫たちが盛んに動いています。

明日から、春の特別展が始まります。

 

令和3年度春季特別展 「びわ湖と城-信長・秀吉・家康の湖上支配-」 | 滋賀県立安土城考古博物館 (azuchi-museum.or.jp)




2021年4月22日木曜日

ヒヤシンス

 

ヒヤシンス高きを渡る風に和す(有馬朗人)

 

当館裏手、きぬがさ山・登山口に植栽された「ヒアシンスソイデス」を見つけました。

 

連休後半には、イベントも開催します。

このようなアングルはいかがでしょうか。

(5月5日こどもの日は、18歳未満の子どもと保護者は常設展入館が無料となります。)

 

第28回「近江風土記の丘」を描こう!親子写生大会 | 滋賀県立安土城考古博物館 (azuchi-museum.or.jp)




2021年4月18日日曜日

穀雨

 

掘返す魂光る穀雨かな(西山泊雲)

夏井いつきの365日季語手帳 2018年版より

 

穀物の成長を促すように週末ごとに雨が降ります。

二十四節気の一つ、穀雨という時候だそうです。

 

背面の繖(きぬがさ)山も雨に曇っています。

雨の散策もいいものですよ。