2019年1月14日月曜日

冬本番

 大寒(ことしは1月20日)を控え、これから1年で最も寒い時期を迎えますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 当博物館のある安土は気候区分では滋賀県南部に位置しますが、その中では北部に近く、また裏手の繖山(きぬがさやま=観音寺城跡が所在)の影響でしょうか、時として雪が積もりやすくなっています。
 雪がたくさん積もると博物館へのアクセスが一層困難にはなりますが、一面雪に覆われた当博物館はたいへん神秘的で厳かな雰囲気に包まれて、私はとても好きです。
 皆様も、是非一度、雪の日の博物館へお越しください。
 もちろん、お足元には十分気を付けてください。


 

2019年1月12日土曜日

修復工事


 去年の台風で大きな被害を受けた、芝生広場の藤棚と橋の修復工事が始まっています。
 藤棚は、枠が暴風で倒れたので、これを元に戻しました。あとは、フジのツルを巻き直せば完成です。
 今年の春に再び美しいフジの花が見られると最高ですが、どうでしょうか?

 庭園の池にかかる木橋も、鉄骨の枠を残して解体し、新しい木材で修復に取り掛かってもらっています。
 まもなく元通りの姿に復旧して、渡っていただくことができるようになります。
 5月頃、池のスイレンが咲き誇る季節になれば、橋の上から素敵な眺めが楽しめると思いますよ。