2018年7月11日水曜日

きょうの安土城跡

 
 きょうの安土城跡は、30℃をはるかに超える暑さのためか、ひっそりと佇んでいました。
 近江八幡市が整備されたガイダンス施設「城なび館」では、トイレが無料開放されて観光の方の不便が解消されました。
 「城なび館」の前に、当博物館のチラシ等を置かせてもらっています。
 安土城跡を訪れた際には、是非お手に取っていただいて、当博物館の情報を仕入れてください。

 「城なび館」の中では、安土城天主の7分の1模型やヴァーチャルリアリティ映像などが見られます。
 また、地元・安土のお土産物なども売っています。
 安土城跡の行き帰りに知識を仕入れたり、ほっと一息入れるにも好適の施設です。
 冷房も利いてますよ。
 「城なび館」から100mほど行くと、安土城跡(摠見寺)の受付が見えてきます。
 きょうは、見学や参拝の方の姿はまばらでした。

 安土城跡前の多目的広場(無料駐車場)の県道寄りの角に、新しい誘導看板を設置しました。
 信長の館さんと共同で、従来の看板をリニューアルしたものです。
 安土城跡の後は、この看板に従って当博物館や信長の館まで足を伸ばしてください。

 


2018年7月3日火曜日

旧伊庭家住宅


滋賀県を拠点に全国で活躍した建築家、ウィリアム・M・ヴォーリズが設計した「ヴォーリズ建築」が安土にもあります。
旧伊庭家住宅がそれです。大正2年(1913年)に地元の資産家のアトリエ兼邸宅として建てられたもので、洋風の外観の中に巧みに和風が取り入れられています。
光と風をうまく採りいれて、快適に暮らせるように工夫されているのが特徴です。
JR安土駅南口から徒歩10分で、近くには沙沙貴神社が、また少し足を伸ばせば、信長時代の「安土問答」で有名な浄厳院もあります。
旧伊庭家住宅の見学のお問合せは、☎0748-46-6324まで。


安土駅に戻って、2階自由通路の北側にある展望窓から安土城跡の方向を見た写真です。
残念ながら、近くの神社の木立に遮られて安土山の全景は見えませんが、徒歩やレンタサイクルで目指す方向はつかめると思います。

当博物館に来ていただく際に、旧伊庭家住宅や安土駅周辺も併せて見られると楽しいと思います。