2017年6月22日木曜日

ゴーヤの赤ちゃん


 昨日から梅雨らしい天候が続く安土です。
 当博物館の中庭に植えたゴーヤにも、やっと実が付きました。
 まだ、ほんの赤ちゃんみたいな小さな実ですが、これからスクスク育ってくれると思います。
 そして、立派な「緑のカーテン」になることでしょう。

 ゴーヤの葉陰で、アマガエルも一休みしていました。


2017年6月11日日曜日

親子写生大会

 梅雨入りしたとは思えないような爽やかな風が吹き抜ける今日の安土です。
 5月の大型連休中に開催した「近江風土記の丘を描こう親子写生大会」の入選作を、当館エントランスホールで昨日から展示しています。(6月25日(日)まで)

 きょうは、その表彰式を行いました。
 たくさんのお子さん達と大人の方にご参加いただいて、表彰状と副賞をお渡ししました。
 博物館と「近江風土記の丘」に一層親しみを感じていただけるように頑張ります。


花戦さ


 映画「花戦さ(はないくさ)」を観てきました。
 戦国時代末期に立花(華道)を大成したと言われる池坊専好が、「花」を武器にして暴君と化した豊臣秀吉に立ち向かう、というお話です。
 繊細な生け花、奇想天外な巨大な松など、目にも鮮やかな花たちが画面から溢れていました。
 一方で、専好を演じる野村萬斎のほか、市川猿之助(秀吉)、佐藤浩市(利休)など演技派俳優たちが繰り広げる緊迫の心理劇も堪能しました。
 中井貴一扮する信長も、チラッと出て来ますよ。


 この映画の公開に(勝手に)タイアップして、現在、当館ではミニ展示「戦国時代の花器」を開催中です。
 安土城跡から出土した黄瀬戸花器(滋賀県教育委員会蔵・右の写真)など、県内から発掘された花器を集めて展示しています。
 戦国時代の人の美意識に思いを馳せてみるのも一興かも。
 6月18日(日)には、担当学芸員による展示解説(ギャラリートーク)も開催します。10時30分からと13時30分からの2回開催します。
 いずれも予約不要、入館料(大人450円)以外の経費は不要です。

2017年6月9日金曜日

きょうの博物館


 きょう、県内の小学4年生がバス遠足の一環で、当博物館の芝生広場に立ち寄って、お昼ご飯を食べたり、駆け回って遊んだりしていきました。


 よく晴れ上がった青空の下で、とても気持ちよさそうに過ごしていました。

2017年6月2日金曜日

信長まつり

 あさって、当博物館の周辺で「2017あづち信長まつり」が催されます。
 信長の命日(6月2日)にちなんで、地元の人が信長、秀吉、お市などに扮して、総勢300人の武者行列などを繰り広げる大がかりな祭りです。
 下の写真は、去年の武者行列の様子ですが、このほかにも、鉄砲隊演武、乗馬体験、楽市楽座などワクワクするイベントが盛りだくさんです。
 もちろん、当博物館の春季特別展「信長のプロフィール」も最終日を迎えますので、併せてお楽しみください。
 ただし、一部で交通規制が行われますので、お気を付けください。(詳しくは、当博物館のホームページをご覧ください。)


 話は変わりますが、博物館の入口付近の木立の中に「タイサンボク」の花が咲いています。
 少し分かりにくいと思いますが、写真の真ん中当たりの白い花がそうです。


 モクレン科の大きな木に、白くて大きな花を咲かせます。
 ほ~んのり甘い香りが漂ってきます。
 英語名は「マグノリア」と言い、昔、「マグノリアの花たち」というアメリカ映画があったのを思い出しますね。

 当博物館の周辺で咲く花の便りは、これからも折に触れてお伝えしたいと思います。

2017年5月28日日曜日

風薫る安土

 朝のうちは雲が多かった安土の空も、昼前からすっかり晴れ上がって、五月晴れになりました。
 風が吹いて、爽やかな天候に恵まれました。
 愛知県小牧市の中学1年生をはじめ、たくさんのお客様が博物館を訪れていただいています。

 博物館の周りの田んぼでは、麦の穂が色づき、もう少しで麦刈りの季節を迎えます。
 「麦秋」という言葉がありますが、まさにその名にふさわしい今日の安土の天気です。
 

 博物館の中庭では、ゴーヤが順調に茎をのばしています。 
 黄色い花も一輪咲いて、もう2週間も経てば実をつけるかもしれません。
 真夏の陽射しを和らげてくれる「緑のカーテン」が、ことしもお目見えする日も近いと思います。

2017年5月24日水曜日

信長忌

 天正10年(1582年)6月2日(金)、明智光秀の謀反に遭い、京都・本能寺で自刃したとされる織田信長。
 その命日である6月2日には、毎年、信長の菩提寺で安土城跡に建つ摠見寺において、信長忌の法要が執り行われます。
 参列は招待客のみができますが、ゆかりの日に安土城跡を訪れるのも意義深いと思いますよ。

 また、6月4日(日)には、地元のまちづくり協議会が中心となって「あづち信長まつり」が開催されます。
 ことし33回目を迎える歴史あるまつりで、信長や秀吉、お市や茶々などに扮した地元の皆さんが総勢300人の武者行列を繰り広げます。
 ステージパフォーマンスや火縄銃の演武、地元食材を活かしたフードコートなどなど、楽しいイベントが盛りだくさんで、地元はもちろん他府県からも大勢の観光客が詰めかける催しになっています。
 
 信長忌や信長まつりに合わせて、当博物館にお立ち寄りください。
 春季特別展「信長のプロフィール」は、6月4日(日)までですので、ちょうど間に合います!
 

2017年5月20日土曜日

きょうの博物館

 夏みたいな強い日差しに照らされた安土城考古博物館では、春季特別展「信長のプロフィール」を好評開催中ですが、常設展示など他の展示も充実しています。
 第2常設展示室では、今回の展示替えで、信長が使ったと伝わる南蛮風の鉄兜や皮袴など、他ではあまりお目に掛かれない品々を新たに展示しています。
 特別展と合わせてご覧になれば、一層面白みが深まりますよ。


 また、同じく第2常設展示室の奥まった展示ケースでは、きょう(5月20日)から「戦国時代の花器」というミニ展示を始めました。
 安土城跡から出土した「黄瀬戸花器」(下の写真)など、戦国時代の遺跡から見つかった花器をそろえて展示しています。


 戦国時代に広まった文化としては、信長もたしなんだと言われる茶道(茶の湯)と並んで、華道(生け花、立花)が挙げられます。
 戦国末期・織豊期に生け花(立花)を大成したのが、池坊専好とされます。
 この専好さん、相当気骨のある人だったようで、横暴な権力者・太閤秀吉に刃向かいますが、なんとその「武器」は花だった、というお話が映画「花戦さ」です。
 6月3日に封切りを迎えるこの映画に(勝手に)タイアップしているのが、ミニ展示「戦国時代の花器」です。映画をご覧になって、この展示を観ると感動が倍増するかも。

2017年5月19日金曜日

夏近し?

 きのう、きょうと夏本番を思わせる強烈な陽射しと気温に包まれた安土城考古博物館です。
 空はあくまでも碧く、山々の緑も日増しに色濃くなっていきます。


 外壁改修工事の足場もすっかり取り払われ、美しい外観がよみがえりました。 
 外壁タイルには、雨水浸透防止用のコーティングが施されたので、ピカッと光って以前よりもきれいになりました。

 
 芝生広場の端の池です。
 先程まで、家族連れがたくさん憩っておられましたが、いまはヒッソリしています。
 この間まで、カワセミの写真を狙って、何人もの人が朝から夕方まで頑張っておられましたが、シーズンが過ぎたのか、今日は1人も見かけません。

2017年5月10日水曜日

ナンジャモンジャ

 JR安土駅近くの沙沙貴神社で「ナンジャモンジャ」の花が満開を迎えています。
 近江源氏・佐々木氏の氏神様で、全国の佐々木姓の皆さんから崇敬を集める古社の境内に、その樹は鎮座しています。
 白い小さな花がいっぱいに咲いて、ふんわり綿帽子のような形に見えますね。
 「ナンジャモンジャ」という不思議な名前で、その名の由来には諸説あるようですが、地元では、「これはナンジャ?」から来ているという説が有力なようです。


 正式の名前は、ヒトツバタゴというそうです。
 この時期の沙沙貴神社の名物になっていて、遠くから見に来られる方が多いとのことです。
 ナンジャモンジャに限らず、沙沙貴神社は「百花苑」と称されるほど、珍しく美しい花が咲く木や草が多いことでも有名です。

2017年5月5日金曜日

麦畑とヒバリ

 安土駅から当博物館に来る道すがら、麦が穂をつけて青々と繁っていました。
 傍らでは、ヒバリが高々とさえずっています。
 まさに、”時は春、~揚げ雲雀(ヒバリ)なのりいで~”という詩を口ずさみたくなる風景です。


 絶好の行楽シーズン。博物館にお越しの際には、是非、道中も楽しんでください。(できれば、歩きで)
 田舎の博物館ならではの面白さや発見がありますよ。

 話のついでに、ツバメの話題も。
 いま、あちこちに巣をかけて子育て真っ最中のツバメをよく見かけますが、子鳥が巣立った後、ツバメたちはどこにいるのでしょうか?
 昼間は時折見かけますが、どこで眠っているのだろうと思っていましたが、地元の方に教えてもらって答えがわかりました。
 それは、当博物館の近くの西の湖のヨシ原だということです。
 子育てを終えた親鳥も、巣立った子鳥も、夕方になると西の湖の岸辺に何万羽と集まってきて、ヨシの茎につかまって眠るのだそうです。
 一説によると、西の湖は西日本最大級のツバメの”ねぐら”になっていると言われています。
 一度、見てみたいですね。

春のお茶会

 きょうは、当館恒例の「春のお茶会」を開催しています!
 開始早々から、たくさんの方が詰めかけておられて、盛況になっています。
 春季特別展「信長のプロフィール」とともに、信長も親しんだと言われるお茶の文化に触れてみませんか?
 予約不要ですので、今からでも十分間に合いますよ。定員は先着100名様で、お一人300円でお茶とお茶菓子が楽しめます。
 

2017年5月3日水曜日

親子写生大会始まりました!

 きょうから、親子写生大会が始まりました。
 5月7日(日)まで毎日受付します。(10:00~16:00)
 早速、4人家族の方がご参加いただきました。初夏の陽射しの下で、仲良く描いておられました。
 皆さんもドンドンお越しください。(参加無料。絵の具やクレヨンはご持参ください)


 当館の敷地内でもツツジが咲き始めました。
 屋外展示の旧柳原学校をバックに撮ってみました。


 一方、外壁工事が終わって再び開放している中庭(回廊)には、ゴーヤの苗を植えました。
 去年と同じく、安土学区まちづくり協議会からいただいたものです。
 夏に向けてグングン成長し、見事な「緑のカーテン」を形作ってくれると思います。
 こちらの方もご覧になってください。

2017年5月1日月曜日

春のお茶会

 ゴールデンウィーク中の5月5日(金・祝)に、当館恒例の「春のお茶会」を開催します。
 裏千家流茶道の本格的なお点前を、エントランスホールで気楽に味わっていただける催しです。
 10:00から15:00までの間に行います。
 予約不要で、当日先着100名様までにご参加いただけます。参加料は300円で、お茶とお茶菓子がついています。
 春季特別展「信長のプロフィール」とともにお楽しみください。


 安土城跡の近くでは、信長の時代の安土城のお堀跡で「安土城お堀めぐり」が行われています。
 地元の船頭さんの櫂さばきとお話を楽しみながら、のんびりと水面を行く手漕ぎ和船の旅を楽しめます。(5月7日までの土日祝日に運航)
 安土山麓の駐車場から県道2号を渡った所が乗り場です。
 お一人800円で、「日本一遅い乗り物」に乗って信長の時代を偲びながら安土の春を堪能してみませんか?

2017年4月30日日曜日

親子写生大会

 ゴールデンウィークが始まりましたが、連休中の当博物館の目玉行事は、春季特別展「信長のプロフィール」と親子写生大会です。
 初夏の日差しを浴びながら、芝生広場でのびのびと写生にいそしんでみませんか?
 博物館の建物だけでなく、屋外展示の古民家などを題材に自由に描いてください。

 5月3日(水・祝)から5月7日(日)までの毎日10:00~16:00の間、開催します。
 参加無料、予約不要で、画板と画用紙は当館がご用意します。絵具やクレヨンなどは各自ご持参ください。事務室で申し込みをしてください。(子どもさんだけ、大人だけの参加もできます。)
 優秀作品は、後日表彰するほか、当館エントランスホールで展示します。
 奮ってご参加ください。



 博物館の周りでも、あちこちで田植えの真っ最中です。
 農家の方が、朝早くから作業に励んでおられます。


 田植えの終わった田んぼの上に見える博物館の建物です。
 水を満々とたたえた田んぼは「水の国」を連想させますね。
 工事用の仮囲いが外された、すがすがしい博物館の姿が一層引き立つように感じられます。

2017年4月25日火曜日

外観すっきり!

 昨年から行ってきていた外壁の補修工事がほぼ完成し、博物館の正面側と西側の仮囲いがようやく取り外されて、半年ぶりにすっきりした外観が姿を現しました。
 中庭の回廊部も、まもなく開放できる見通しですので、遺物の整理作業の様子もまたご覧いただけるようになる予定です。
 工事中は何かとご不便をおかけしましたが、元通り(いや、元以上に)楽しんでいただく環境が整いますので、ゴールデンウィークに向けてドンドンご来館ください。
 4月29日(土・祝)からは春季特別展「信長のプロフィール」も始まりますし、親子写生大会(5/3~5/7)や「春のお茶会」(5/5)など楽しい催しも目白押しです。



 周辺の田んぼでは、水張りも始まり、田植えの準備が進んでいます。 


 博物館裏手の繖山(きぬがさやま)では新緑が萌えだし、濃淡様々な緑色がそれぞれに存在感を主張していて、見事な織物のようです。
 「日本の春」を満喫しながら、ゆっくり歩いて安土界隈を散策するのには「もってこい」の季節です。
 是非お立ち寄りください。

2017年4月22日土曜日

安土城お堀めぐり

 きょうの安土は、風が強いものの陽射しは初夏を思わせるほど強く輝いています。
 この天候に呼応するかのように、安土城のお堀跡では、手漕ぎ和船による「安土城お堀めぐり」が始まりました。
 きょうから5月7日までの間の土日祝日に運航されます。
 川べりで鳴く小鳥のさえずりを聞きながら、信長のいた時代を偲んでみるのはどうでしょうか? 


 「安土城お堀めぐり」は、10:00~15:30に運航され、お一人800円で百々橋までの往復を楽しめるそうです。安土城跡の駐車場から県道を渡った所が乗り場になっています。
 安土城跡の探訪などと合わせて、安土の春を満喫してください。
 もちろん、安土城考古博物館もお忘れなく! 

2017年4月20日木曜日

ギャラリートーク

 開催中のミニ展示「歴史の中の女性(考古資料編)」の展示物などについての詳しい解説を行うギャラリートークを、4月22日(土)に行います。
 展示を担当した学芸員が、展示品を中心に、女性の姿をかたどった出土品や化粧道具などを観ながら、大昔の生活の様子を紹介します。
 10:30からと13:30からの2回行います。望楼下のロビーにお集まりください。
 常設展入館料(大人450円)以外に参加費は不要です。是非、お立ち寄りください。
 (右の写真は、相谷熊原遺跡出土の土偶。「相谷のヴィーナス」とも呼ばれています。)

2017年4月19日水曜日

春の話題3題

 春本番を迎えて、安土でも春らしい催しが目白押しです!
 そのいくつかをご紹介します。
 まず、当博物館では今年度の新しい試みとして、金曜城郭最新情報「城をめぐる戦国史」を全5回の連続講座として開催しますが、その第1回を4月21日(金)に開催します。
 県教委の城郭調査事務所職員を講師に迎え、県内の城郭に関する最新の調査研究成果をご紹介する新企画で、第1回は「鈎の陣と伊庭の乱~近江戦国の幕開け」というテーマで松下 浩氏にお話しいただきます。
 当館セミナールームにて、13:30~14:30(受付は13:00から)。予約不要で、参加費は200円です。常設展示、ミニ展示と併せてお楽しみください。


 次に、安土城跡周辺では、4月22日(土)から「安土城お堀めぐり」が催されます。安土城の堀跡を手漕ぎ和船でめぐるイベントで、信長の時代を偲ぶことができるのではないでしょうか?
 安土城跡から県道を渡った所から乗船できます。5月7日までの土日祝日の運航で、時間は10:00~15:30。お1人800円が必要です。
 詳しくは、安土町商工会(平日のみ☎0748-46-2389)または安土駅前観光案内所(土日祝☎0748-46-4234)までお問い合わせください。

 3つ目は、「親子写生大会」のお知らせです。
 毎年、ゴールデンウィーク期間に当博物館周辺の風景を描いてもらう催しを開いていて、ことしは25回目になります。
 春の陽射しの下、ゆったり、のびのびと絵筆をふるってみませんか?
 5月3日(水・祝)~5月7日(日)までの各日10:00~16:00に開催しますので、博物館の受付で申し込んでください。
 参加無料で、子どもだけ、大人だけのご参加もできます。画板と画用紙は当館が用意しますが、絵具やクレヨンは各自でご持参ください。
 優秀作品は表彰し、館内で展示します。素敵な副賞も多数用意していますので、ドシドシご参加ください。
 
 

2017年4月16日日曜日

春うらら

 きのうの不安定な天気から一転して、穏やかな春の陽気に包まれた安土城考古博物館です。
 桜はだいぶ散りましたが、うららかな天候に誘われて、芝生広場では小さいお子さんを交えて遊んでおられる家族連れの姿が増えてきました。


 池のそばには、カメラを据えた方が陣取っています。
 この池に時折やってくるカワセミの姿を求めて、中には1日中頑張るカメラマンもおられます。
 撮影された画像を見せていただいたことがありますが、「空飛ぶ宝石」などと形容されるだけあって、本当にきれいな鳥です。
 皆さんも、もしかしたら目撃できるかも。



 さて、好評をいただいた「大湖南展」も閉幕しましたが、4月29日に春季特別展「信長のプロフィール」が始まるまでの間にも、常設展のほかにミニ展示「歴史の中の女性(考古資料編)」を行っています。
 滋賀県内の遺跡から出土した、女性にまつわる品々を集めてご紹介しています。

 右の写真は、東近江市永源寺の相谷熊原遺跡から出土した土偶です。
 非常に小型(高さ3.1cm)ですが、乳房や腰のくびれが女性を表現したもので、「相谷のヴィーナス」とも呼ばれます。
 約13,000年前の縄文時代草創期の土偶で、日本最古級と考えられています。


 左は、県内の遺跡から出土した木偶(もくぐう)で、弥生時代中期(約2,100年前)の出土品です。
 当時の祭りに使われたものと考えられています。
 木偶は腐りやすく、全国で十数例しか確認されていませんが、そのうち半分以上が滋賀県内で発掘されたということです。

 このミニ展示は、望楼下の特設ケースで6月4日(日)まで行っています。
 観覧には、常設展入館料(大人450円)のほかには経費はかかりません。(ただし、4月29日以降は春季特別展の入館料(大人890円)が必要)
 この機会に一度、博物館を訪ねてみてください。

2017年4月7日金曜日

安土の桜が開花しました!

 お待たせしました!
 安土城考古博物館の桜が昨日あたりから開花し、きょうは3分咲きぐらいになっています。
 博物館の望楼をバックに写真を撮ってみました。


 安土山(安土城跡)を背景に撮った写真が下です。


 博物館裏の芝生広場では、去年植えた若い桜の苗木からも一輪花が開きました。
 昨夏の雨不足にも耐えて、健気に咲いてくれました。


 また、コブシの木もほぼ満開となり、白い花びらを風にそよがせています。


 この週末は少し天気が心配ですが、咲いたばかりの桜は雨に強いと言われます。見頃を迎えるはずですので、どうぞお出かけください。

2017年4月5日水曜日

コブシの花咲く

 博物館の芝生広場のコブシの花が咲きました。(写真では、大いに見にくいですが)
 去年よりも少し遅いような気もしますが、春の歩みが安土でも着実に進んでいる証です。
 桜の方は、ツボミが随分膨らみ、赤みがかっていますが、開花にはまだもう1、2日かかりそうです。(安土は、「コブシ咲く~」と歌うほどの北国ではないと思っていますが、やっぱり北国なのかも、、、。)

 
 さて、新しい年度を迎え、当博物館では「大湖南展」のほかに、「歴史の中の女性(考古資料編)」と題したミニ展示を昨日から始めました。
 「おんな城主・直虎」への悪乗りではないですが、女性の活躍に注目が集まる昨今、女性の姿が描かれた出土品などを集めてご紹介します。
 中でもイチオシは、東近江市永源寺の相谷熊原遺跡から見つかった土偶(複製品)です。
 日本でも最古級と言われる、女性をかたどった縄文時代草創期(約13,000年前)の土偶で、「相谷のヴィーナス」と呼ばれたりもしています。


 ほかにも、巫女形埴輪や化粧道具など女性にまつわる考古資料を展示しています。
 望楼下の特設ケースで実施中(~6月4日)。企画展料金のほかには経費は不要ですので、是非お立ち寄りください。